大相撲の魅力をわかりやすく教えるブログ
相撲観戦のまめ知識

相撲観戦におすすめの服装は?国技館のなかは寒い?【マナーについて】

こんにちは、ソップです(^o^)

今回は、大相撲観戦をするときにベストな服装を紹介します! 春夏秋冬によって、べつべつの対策がひつようになります。 すべては快適にたのしくお相撲さんを応援するための準備です♪

持っていくと便利なアイテムもあわせて解説しているので、参考にしていただけると嬉しいです!

相撲観戦の服装は自由!リラックスできるスタイルがベスト

大相撲の会場をテレビ中継でみていると、和装をしている女性やスーツを着用している男性がいたります。 こうやって考えると、服装のマナーやドレスコードが厳しそうなイメージがありますよね…。

結論からもうしあげると、特に禁止されている服装はありません!!

私なんてTシャツにチノパンというラフな格好で国技館にいっているくらいです(^O^)b  マス席や溜席のように、テレビ中継に写りこんでしまうような席にいるひとは割とビシッとした服装が多いです。

しかしルールやマナーがあるわけではないので、あなたが相撲の取り組みを観戦するのに不自由のない服装であれば問題ありません(^o^)b

高須クリックの院長、高須克弥さんと奥様で漫画家の西原理恵子さんは、溜席(たまりせき)にいらっしゃることが多いです。 高須院長のラフなスタイルで相撲観戦されています。

気合をいれすぎず、リラックスして相撲をたのしめる格好がベストです!

服装ではないけど注意するべき相撲観戦マナー!

女性のかたは、【高さのある帽子(ハット)、香水】にはお気をつけください。 会場へ来られるときに帽子をかぶっても問題ありませんが、取組中に帽子をかぶったままですと、後ろの席の人が見えづらくなることがあります(*_*)

香水はまわりの観客に迷惑をかけないレベルにつけるのがベストです。 両国国技館にはやきとりやちゃんこ鍋など、食事を販売しています。 おいしい食事を楽しみながら相撲観戦するお客さんも大勢いるので、香水の香りを強烈にふりまいてしまうと迷惑になることがあります。

私も過去に、隣のマス席にいた外国人カップの香水の強烈さに悶絶しました・・・。 香水は大好きなのですが、外国人にもなると、身体につける香水の量がケタ違いなのでしょうか(笑) 想像を絶するくらい、甘い香りがしました(._.)

ミニスカートはおすすめできません

私の友人といっしょに相撲観戦をしたときのことです。 友人がミニスカートで会場へやってきたのですが、下着がみえないように気を使いながら2時間座っていたので、観戦後はすごく疲れていました(*_*)

座り方も限定されるし、いろいろと不便です。 リラックスして大相撲を楽しむためにはロングスカートが最適だとおもいます。 パンツスタイルが苦手な人は、リラックスした姿勢で座れるスカートをチョイスしてください!

幕内の取り組みだけでも2時間もあるので、リラックスできない格好だとストレスになります。 せっかくの結びの一番をイライラしながら見届けるなんてイヤですよね!

九州場所(11月)と初場所(1月)は真冬なので上着が必須!

初場所(1月)は両国国技館にておこなわれます。1月の東京の平均気温は10度です。 国技館のなかは暖房がついていますが、それでも座席によってはものすごく寒いと感じます。

11月に行われる九州場所と1月の初場所は真冬なので、かならず上着を持参してください。 ご年配の方を連れて観戦にこられる場合は、体調を崩さぬように十分おきをつけください。

私は初場所で両国国技館に訪れたとき、あまりの熱気に上着を脱いで観戦していたのですが、 取り組み終盤にお腹をこわしてトイレにいったことがあります(笑)

 

大ファンである遠藤の1番を見逃すという大失態を犯してしまったことがあります。 今でも思いだすたびに反省しています・・・(笑) この記事をお読みくださっているあなたも、ぜひともご体調を崩されぬようにお気をつけくださいねm(__)m

 

お腹が冷えやすい方、ご年配のかたにはカイロを持参して体調管理をしてください。 私もお腹を壊していらい、必ず背中にカイロを貼って冬の相撲をたのしんでいます(^o^)b カイロは血管が集中している部位に貼りつけると効果が高いです! お試しください。

夏場所(5月)、名古屋場所(7月)は真夏!熱中症対策を万全に!

冬は寒ければ上着を着用すればもんだいありませんが、夏は薄着になっても暑いので注意してください。 特に真夏の名古屋場所や館内の観客がいっせいにうちわでパタパタと仰ぐ光景は、風物詩となっています。

 

それくらいに愛知県体育館のなかは暑いです(笑)

私は今年の名古屋場所を3日連続で観戦しました。 そのうちマス席が2日間、最終日のみ椅子席での観戦でした。 マス席は冷房がまったく当たらない座席だったのでほんとうに熱かったです・・。 汗がダラリとたれさがってくる勢いでした。

 

館内では売り子さんが、アイスクリームの販売をしています。 私も15時〜結びの1番となる18時ころまでに3つのアイスをたべました(笑)

夏場所と名古屋場所にいくならば、かならずタオルとうちわ(扇子)を持参することをおすすめします。  館内ではお土産品として扇子を販売していますが、お値段がそこそこ高いので事前に準備しておくと便利です。

 

服装はもちろん半袖をおすすめします! 熱中症対策として水分補給をしっかりおこなってください。( 館内への飲食物のもちこみは禁止となっているため、館内の自販機にて飲み物を購入してください。)

夏場所、名古屋場所には【タオル、うちわ】を必ず持参しましょう!

まとめ

相撲観戦をするときの服装マナーについてまとめさせていただきます!

・服装は基本的に自由です!
・身軽でリラックスできるスタイルをおすすめします。
・香水や高さのある帽子は控えたほうが無難です
・寒さに対応対策に、上着やカイロを持参してください
・暑さに対応対策に、タオル、うちわ、を持参してください