相撲観戦のまめ知識

相撲観戦にジーパンで見に行っても大丈夫か?座るとき楽な服装がおすすめ

「相撲観戦にラフやジーパンで行ってもいいのか?」
「チノパンやジーンズでもマナー違反にはなるの?」

はじめての相撲観戦はマナーや服装についてわからないことだらけですよね。 私もはじめて両国国技館へ相撲を見に行ったときはドキドキでした(笑)

 

この記事では、相撲観戦をするときにジーパンで行ってもいいのかを解説します。

相撲観戦はジーパンでも問題なし

結論からもうしますと、ジーパンでもチノパンでも大丈夫です(*´∀`*) マナー的にもまったく問題はありませんので、枡席(マス席)でも椅子席だろうが関係なく、お好きな服装で観戦をたのしんでください!

 

私はチノパンやジーンズで相撲観戦にいくことが多いのですが、過去に1度だけ服装で大失敗をしたことがあります。

 

それは・・・新しいジーンズを履いていってマス席でめちゃくちゃ苦しい経験をしたのです(笑)

お店で購入をしたジーンズだったのですが、あまりにもピッタリサイズだったのでマス席に座り込むときに生地が破けてしまうのではないかとヒヤヒヤしましたm(_ _)m

 

正座もできないくらいピチピチだったので、ずっと体育座りをして相撲をみていました。 結びの一番がおわり、弓取り式を見てから立ち上がろうとしたときに、足がしびれて3分ほど立ち上がれなかったです…

ぴちぴちのジーパンは座るとき大変!身動きが取りやすいズボンがベスト!

無理におしゃれをせず普段着で相撲観戦にいこう

私から1つだけアドバイスさせていただけるならば、相撲観戦はおしゃれな格好をせずに普段着で見にいこう!
と、お伝えしておきます^^

 

男性は無理をしてスーツを着たりする必要性は一切なくて、身軽な格好で十分です。 好角家としても知られる高須クリニックの院長、高須克弥さんはスエットのような可愛らしい服装で溜席から観戦されてました(笑)

 

私もこの姿をみて、もっとラフでいいんだと思うきっかけになりました(*´∀`*)

 

おしゃれをしてもいいけど、相撲観戦に集中できなかったらもったいないですよね〜。

相撲観戦はラフに楽しもう!

女性はミニスカートと帽子は控えましょう

 

相撲観戦に服装のマナーは特にありませんが、ミニスカートと帽子は控えたほうが無難です。

ミニスカートはパンツが見えないように意識するあまり、力士の取り組みに集中できなかったりしてイライラすると思います!

 

スカートをはかれるならば、ゆったりとしたロングスカートがおすすめです。 下着が見えてしまう心配もなく、相撲を堪能できるのでおすすめ(*^^*)

 

帽子はじぶんよりも後ろに座っているお客さんの視線をさえぎってしまうのでNGアイテムです。 禁止されているわけではありませんが、暗黙のルールとして帽子は座席に着席したら取るのが決まります。

 

マス席、椅子席はたくさんの荷物を置いておけるほど広くはありません。 マス席はとても狭いので大きな荷物はもってこないほうがノンストレスでたのしいですよ!

ミニスカートと帽子は控えたほうが無難です!

両国国技館に入場するときの持ち物はなるべく少めで!

私は両国国技館で相撲をみるときは、荷物を必要最小限にしています!

・現金2000円ほど
・スマホ
・タオル
・入場チケット

この4つだけ持ち込みます。 この4つさえあれば、相撲観戦を問題なく堪能することができます。

 

1番怖いのは盗難や落とし物をすること。 入場チケットと現金とスマホさえあればとりあえず取り組みを最後まで楽しめます。

 

現金は会場のなかでクレジットカードが使えない売店があるため、現金を1000〜2000円ほど持っておくと安心です\(^o^)/

 

相撲観戦にいくときは、なるべく荷物を減らして身軽な状態でいくことをおすすめします。  荷物がすくないだけでマス席を広く使うことができたり、盗難の心配がなくなります!

 

以前に、私が両国国技館でマス席に座っていたときのこと。 前方にいた40代くらいの夫婦の奥様が大きなバッグを持っていたせいでマス席がぎゅうぎゅう詰めになっていたのを思い出しました(笑)

 

ちなみに国技館のなかには、ロッカー(有料)があります。 大型のキャリーケースやリュックサックは有料で預けることも可能です。 身動きが取りやすい服装で、なるべく所持品を減らした状態へ相撲会場へむかいましょう!!

 

まとめ

ジーパンで相撲観戦は問題なし!
座りやすいジーパンがおすすめ
帽子、ミニスカートはNG!!
所持品を減らして身軽へ会場へいこう
大きな荷物は会場内で預けることができる

最後までお読みいただき有難う御座いました!